読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お世話になった先生とのお別れをしていて、
先生を中心に円に囲んで談笑をしていて、その人は理系科目の先生だったものだから、文転した私は後ろの方にいたら、わざわざ探されて、目が合って、指をさされて、
「メイシー、あんたの良い報告が聞きたいよ」と言われた瞬間、結構しゃくりあげる感じで泣いてしまった。
というのもクラスで1、2を争う落ちこぼれだったものだから、ツートップが指さされた訳なんだけど。記憶に残すくらいアホでごめんなさい。
先生に良い報告がしたいナア、
無理して理系クラスに入って本当に良かった。